ご注文方法    お支払方法     価格表     使い方    使い手の声     

漆刷毛の使い方

トップ  >  漆刷毛の使い方

漆刷毛の使用方法と漆刷毛の仕立て方は、産地の特色、使用する漆、気候、各人のやり方によって、とても違いがあります。

これが正解、というものは存在しません。一応の標準を載せますのでご参考にして、工夫してみてください。

ここに掲載した方法よりさらに詳細な使い方パンフレットもご用意してございます。

こちらから ご請求ください。  無料進呈

Copyright (c)   転載不可   

 

ゴミ出しの洗い方

チョイ塗りくん・中塗くん・上塗りくん・極上くん・刷毛王 はこの作業は不要です

■ 叩き終わった毛先を石鹸、お湯で左右に動かし洗います。汚れた色になり、ゴミが どんどん取れてきます。

これを何回か繰り返します。最後にお湯だけで洗って終了です。

 

保存方法

■ 使用後は当然のことですが、カシュ−、漆を除去する為に必ず溶剤、油で何度も洗い漆分を取って下さい。サラダ油で洗っても良いし、ペイントうすめ液、灯油、でも大丈夫です。

最後に植物油 (不乾性油)を少し含ませておきます。これを忘れたり、揮発性の油ですと毛先が固まってしまい使用できなくなります。油はどこにもあるサラダ油がおすすめ。も ちろんゴマ油など他のものでもOK。固まってしまった、という方からのご連絡も昔はも結構ありましたが、やはりシンナ−、灯油で洗って植物油をつけずにそのまま保存してケースが全部でした。

固まってしまった場合は、新しく切出しする以外、あるいは買い換える以外方法はありませんので、ご注意くださりませ。

カシューの場合でも、しばらく使用しないときは軽く植物油をつけておいた方法が良いかと思います。 ご使用の前には必ず溶剤で洗い、ヘラでしぼる作業を数回行ってください。

■チョイ塗りくんで一番気を付けるのがここのところです

せっかくのすぐ使える漆刷毛ですが使用後の後始末を良くしないと固まって使えなくなってしまいます

 

■ 数ヶ月以上の長期間使用しない場合は、植物油を含ませてゴミが やクセがつかないようラップで包んでおくと良いでしょう。

 但し、固まらないようにと、余分にたっぷり油を付けてしまうと刷毛の中に油が入ってしまうのでご用心。

このさじ加減がちょっとしたポイントかもしれませんね。何回かお試しになりコツを掴んでください。

 

その他

■ 刷毛の板部分は木地のままでなく、 カシュ−、漆を塗ったり、布・紙着せをいたしますと長持ちいたします。
■ 刷毛は、黒、朱、透、など是非 、色別にすることを強くおすすめいたします。注意して洗っても混じる事が多いものです。

■ 細かい所、狭い所は巾の狭い刷毛、広い所は巾の広い刷毛を使用することをおすすめします。

巾広の刷毛で狭い所も塗っていると、その部分だけが偏って減ってしまいます。
うまくきれいに塗るには適材適所、塗る大きさに合った刷毛をご使用ください。

 
 

ご注文の流れ

お名前、ご住所、お電話番号、品名 をお知らせください。
(メールの場合、品名をコピーして貼り付けると便利) 

お支払方法はご指定なければ、通常は郵便振替用紙を同梱いたします。日本全国送料無料

銀行口座番号記入のある用紙も同梱しますので、銀行お振込も可能です。送金料差引いてください日本全国送金料0円

3000円以上なら代引便使えます。代引料0円

代引きは現金、クレジットカード、可能です
見積書 請求書 納品書も発行可能です
海外は送料 送金料がかかります
九世 泉清吉 お名前、ご住所、お電話番号、品名をお知らせください。  九世 泉清吉
(メールの場合、品名をコピーして貼り付けると便利です)
折り返し受注承りのご返信を必ずいたします。納期もご連絡いたします。
発送前、発送完了後に必ずメールさせていただきます。
ヤマト宅急便、メール便、コレクト代引便で漆刷毛が届きます。

同梱の郵便振替用紙でお支払い、または銀行振込をお願いします。

ご入金確認のメールをさせていただきます。有難うございました。
 

Copyright (c)   All Rights Reserved.

 

高品質のものからヒギナーホビー用まですべて揃います。1枚から送料0円 送金料0円で全国発送


掲載の漆刷毛はすべて広重刷毛お取り扱い店さんと同じお値段です。 便利な方でご利用可能です

 

■事務所・工房での直接販売・見学は行っておりません。通信販売のみです。何卒ご了承ください。